背筋矯正ベルトを人気別にランキングで紹介

こちらのサイトでは、人気の背筋矯正ベルトをランキング形式でご紹介しています。

 

「背筋矯正ベルトを試してみたいけど、何を選んだら良いのか分からない…。」という方の少しでもお力になれればと思っています^^

 

背筋矯正ベルトランキング

美姿勢ビルダー
美姿勢ビルダーは、歪みやすいとされる「巻き肩」・「猫背」・「反り腰」の部位に着目し、ベルトの矯正力を自由に調整することが出来るようにすることで、「矯正ベルトを付けたら状況が悪化して逆効果だった…。」とされる、これまでの背筋矯正ベルトの弱点を克服した設計となっています。
価格 備考 評価
12,800円(税込)&送料・代引き手数料無料 通気性に優れた素材を採用し、体への負担が少ないので快適に過ごせますし、人目を気にすることのない作りとなっていますので、安心して装着することが出来ます。 背筋矯正ベルト ランキング
美姿勢ビルダー 美姿勢ビルダー

マジコ(magico)姿勢サポーター
マジコ(magico)姿勢サポーターは、独自構造のダブルクロス設計により、無理なく美しい姿勢を自然に保つのをサポートする矯正ベルトで、出来る限り装着時の痛みを軽減した構造となっています。
価格 備考 評価
6,171円(税込)&送料無料 ベルトに柔軟性を持たせることで様々な体型の方に使える矯正ベルトです。 背筋矯正ベルト ランキング
マジコ(magico)姿勢サポーター マジコ(magico)姿勢サポーター

マジコ(magico)キョウセイベルト
マジコ(magico)キョウセイベルトは、薄地のメッシュ生地を採用したことで、装着部分の蒸れを防いで快適に過ごせるような設計と、ワンタッチで着脱調整が可能なので、使い勝手の良い姿勢矯正ベルトとなっています。
価格 備考 評価
3,600円(税込)&送料無料 ベルト装着時の快適さと使い勝手の良さにこだわっているベルトです。 背筋矯正ベルト ランキング
マジコ(magico)キョウセイベルト マジコ(magico)キョウセイベルト

肩楽さん
肩楽さんは、開発者本人がひどい肩こりに悩まされ、いくつかの矯正ベルト試した経験から、体への負担を出来る限りかけずに姿勢矯正ができればとの想いから開発された姿勢矯正ベルトです。
価格 備考 評価
1,954円(税込)&送料無料 ベルト装着時の胸の負担を減らしたり、肩甲骨の動きを妨げないようにしたりするなど、体への負担を減らしながら無理なく姿勢矯正が出来る設計となっています。 背筋矯正ベルト ランキング
肩楽さん 肩楽さん

中山式 脊椎医学キョウセイベルト
中山式 脊椎医学キョウセイベルトは、背筋を伸ばしながら、ウエストも適度に引きつける構造となっているので、姿勢矯正だけでなく、健康的で美しい姿勢を保ってくれます。
価格 備考 評価
4,450円(税込)&送料無料 通気性の良いメッシュ素材を採用していますので、オールシーズン使えます。 背筋矯正ベルト ランキング
中山式 脊椎医学キョウセイベルト 中山式 脊椎医学キョウセイベルト

 

 

背筋矯正ベルトの中でも大人気商品はコレ!

美姿勢ビルダー

背筋矯正ベルトの中でも大変人気なのは美姿勢ビルダーなのですが、美姿勢ビルダーは、「巻き肩」・「猫背」・「反り腰」など歪みやすい部位に着目し、その3点それぞれに対して効果的な姿勢矯正ができるような設計と、その3店を同時にサポートすることにより、これまでの背筋矯正ベルトの弱点を克服しています。

 

 

これまでの背筋矯正ベルトは、装着する方の腹筋や背筋が弱かった場合、腹筋や背筋よりもベルトの矯正力が強くなりすぎてしまうこととで「反り腰」になってしまい、かえって腰に負担をかけてしまうという状態になりやすかったため、「矯正ベルトを装着したらかえって腰痛がひどくなった…。」という方も多くいらっしゃいました。

 

 

美姿勢ビルダーは腰回りのサポート力を強化することにより、矯正ベルトの装着時の腰への負担を軽減することを実現しています。

 

美姿勢ビルダー

 

 

ベルトの矯正力を自由に調整できるので負担も少ない!

 

背筋矯正ベルト(姿勢矯正ベルト)は、「巻き肩」や「猫背」の矯正を行う時に効果的ではありますが、そのベルトのサイズと体が合っていなかったり、腹筋や背筋などの筋力が矯正力よりも弱かった場合は、十分な効果が得られないばかりか、かえって体を痛めてしまうという逆効果になってしまう恐れがあります。

 

 

せっかく矯正ベルトを使っても、そうなってしまっては元も子もありませんよね…。

 

 

美姿勢ビルダーは、ベルトの矯正力を自由に調整できるように設計していますので、「今日はちょっと体調がすぐれないので弱めにいこう。」というように、その日の体調に合わせたり、ご自分が続けやすい体に合った矯正力への調整が出来ますので、いつでも快適に姿勢矯正を行うことができます。

 

美姿勢ビルダー

 

 

脇の部分のベルトの食い込みを軽減しています!

 

これまでの背筋矯正ベルトは、脇の部分にベルトが食い込んでしまうことにより、どうしても痛みを感じてしまうため継続的に使用するのが難しかったりすることがありましたが、美姿勢ビルダーは脇の部分へのベルトの食い込みを軽減し、脇が痛くなりにくい設計となっていますので、長時間の使用が多い方にも安心してお使い頂けます。

 

 

メッシュ素材なので高い通気性を実現しています!

美姿勢ビルダー

ベルトはどうしても体に密着することになりますので、通気性が悪いと蒸れやすくなり、それが使用時の不快感へと繋がってしまいますが、美姿勢ビルダーはベルトの部分の素材をメッシュ素材にすることにより高い通気性を実現し、蒸れにくくすることにより、使用時の不快感を軽減します。

 

 

人目を気にせず使えるので安心です!

 

美姿勢ビルダーは色にもこだわっていまして、「黒色」にすることにより、スーツの下に着用しても目立ちにくいようになっています。

 

 

そのため、通勤時や仕事中でも人に気づかれにくくなっていますので、周りの人たちの目を気にせず安心してお使い頂けます。

 

美姿勢ビルダー

 

美姿勢ビルダー

 

美姿勢ビルダー

 

 

 

 

猫背の原因とそれによる問題について

 

姿勢というのは、とても大事ですね。

 

 

姿勢が悪くなると美容面でも評価が低くなります。

 

 

猫背であるいている人を見ると、印象が悪くなります。

 

 

しかし、一度猫背になってしまうと、なかなかその姿勢を直すことができないのです。

 

 

それは、その姿勢に慣れているので、元の猫背ではない姿勢に戻したいと思ってもむつかしくなります。

 

 

自分で意識をして治すようにしても、また元の位置になっているということも多いのです。

 

 

そのように猫背というのは、なかなか治りにくいものです。

 

 

しかし、直すことによって、とても体が快適になります。

 

 

そのため、自分が猫背であると感じたら、早急に治す事をおすすめします。

 

 

その猫背の原因として、まず挙げられるのは、なんといってもパソコンです。

 

 

パソコンを見る時に、前屈姿勢となってしまい、その結果猫背になるのです。

 

 

その姿勢は、自分で猫背になっていると言う、その自覚がありません。

 

自然となっているのです。

 

 

それと同じように、携帯電話を操作する時も、同じことが言えます。

 

携帯電話の場合は、より猫背となりやすいです。

 

 

それも、無意識のうちに、その様な姿勢となっていることがあります。

 

 

最近では、寝たままで携帯電話を見ることもありますね。

 

 

その時も、横になったままで猫背となっていることがあります。

 

 

そして夢中になっているので、その姿勢を長時間続ける事になるのです。

 

それは困った事ですね。

 

 

また、猫背の原因として、下を向いて歩く癖の人がなりやすいです。

 

つい下を向いてしまい、歩くことがありますね。

 

その時も、無意識にしていることなのです。

 

 

そんな風に、無意識にしている事を毎日行っていることになります。

 

 

そのことから、いざ直そうと思っても無理と感じてしまいます。

 

 

しかし、猫背であることは、いろいろな身体のダメージを引き起こします。

 

 

まず、なんといっても肩こりや首コリをお越しやすくなります。

 

 

それは、肩周囲等の血流が関係しています。

 

血流が悪くなることで、そのような痛みを発することがあります。

 

そして血流が悪くなることで、体の代謝も悪くなるのです。

 

その結果、便秘になる事もあります。

 

 

便秘の人が、猫背を直した事によって、改善させることができたと言うこともあるのです。

 

 

そんな風に代謝が悪くなることの原因が、猫背であることが多いのです。

 

 

また代謝が悪くなると、美容面でも心配なことが起こって来ます。

 

 

それは、肌の代謝が悪くなるので、その結果、肌荒れなどを起こしやすくなります。

 

 

猫背の人は、そのようなことが起きている原因として考えることが重要です。

 

 

 

猫背を治すには筋力をつけることです

 

どうしても現代人は猫背になりやすいものです。

 

 

知らない間に猫背になっていて、背中をぽんっとたたかれてハッとしたりすることもあります。

 

 

それで、猫背をやめようと思って努力しても、また猫背に戻ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

猫背になる原因の一つに骨盤の歪みや脚の付け根の動きに問題があったりするものです。

 

 

そこで、お尻の筋肉を鍛える必要があります。

 

 

ストレッチをしたりして、筋肉を柔らかくして、それから運動をして筋肉を強くして、筋肉が足りない場合などはもっと筋肉をつけるようにする必要があります。

 

 

血流を良くすることも大事です。片足で立って、もう片方を前後に動かしているだけでも適度な運動になりますし、お尻の筋肉を鍛えるには骨盤を前後に動かしたりすることです。

 

 

椅子に座った状態で、背中をぴんと伸ばして、そのまま体を前後に動かして鍛える方法があります。

 

 

ゆっくりと動かすとさらに効果が期待できます。

 

 

骨盤もそうですが、肩甲骨の筋肉を鍛えるのも必要です。

 

 

肩甲骨のあたりの筋肉を鍛えて、柔らかくすると猫背にならなくても楽な姿勢をとることができるようになります。

 

 

すっとまっすぐになって猫背にならないようにして、正しい姿勢になってから、ストレッチをすると効果が上がります。

 

 

正しい姿勢にしてからストレッチをすることが大事で、その姿勢のまま両手を横に大きくしたから上げていって、頭の上で合掌するような形にするストレッチは背中の肩甲骨の動きをスムーズにして、筋肉を柔らかくすることに効果が上がります。

 

 

骨盤を立てることが重要で、骨盤が立った状態で、あぐらをかいたりして、ストレッチをすると猫背にならないようにすることができるでしょう。

 

 

猫背になるのは、猫背の姿勢が楽だからですが、正しい姿勢が身につけば、正しい姿勢でもそれほど疲れなくなります。

 

 

お尻を柔らかくすることはとても大切で、太ももの裏側と一緒にお尻を柔らかくすると猫背が改善されます。

 

 

ストレッチをすることで、徐々に骨盤の動きがスムーズになるでしょうし、お尻が柔らかくなって、筋力が付いてくると、自然と猫背が治ってくるのです。

 

 

必要なことは、肩甲骨のストレッチとお尻と太ももの裏のストレッチと運動で、股関節の動きがスムーズに行くようにそこに筋力をつけることです。

 

 

背筋を伸ばすだけでは猫背は治りません。

 

 

運動不足で股関節の周囲の筋力が落ちているといけないので、そこの部分の筋力をアップさせることです。

 

 

腰痛の原因について

 

私たちの背骨は横側から見ると真っ直ぐではなく、緩やかなS字カーブになっています。

 

 

このような背骨の形によって、重力を分散したり、体のバランスをとったり、滑らかな動きができるようになっています。

 

 

また、背骨の周りにある筋肉もこのような構造を支えるのに重要な働きをしています。

 

 

しかし、年齢を重ねたり、無理な動きをしたり、運動不足になると筋肉の力が低下して、このような構造を支える力が弱くなってきます。

 

 

そうすると姿勢も悪くなりやすくなって、疲労しやすくなったり、背中のS字カーブが歪みやすくなったりするという問題が起こります。

 

 

そのような原因で脊椎が歪んでくると、体のバランスが上手に保てなくなったりして、腰の周辺に直接負担がかかってくるようになります。

 

それが、腰痛の原因になるのです。

 

 

このような腰痛が酷くなってくると、ぎっくり腰になりやすくなったり、慢性の腰痛を抱えることになります。

 

 

腰痛の原因は、このように、S字カーブを適切に保てないということが原因となって起こっているといえます。

 

 

S字カーブが上手に保てなくなる原因は筋肉の低下や無理な動き、そして悪い姿勢であると考えられているのです。

 

 

また、、内臓に状態が悪くなると腰痛が起こることも知られています。

 

これも腰痛の原因になります。

 

 

内臓の状態が悪くなると起こる腰痛は慢性的な違和感を伴うことが多いといわれています。

 

 

私たちの体の中には、内臓が位置しています。

 

胃や肝臓、腸など様々な内臓があります。

 

 

腰痛の原因になることが多いと考えられているのが、腰の周辺に位置する内臓です。

 

 

内臓の大きさは一人一人違いますが、その人の胴体の大きさによってバランスが取れた状態になっています。

 

 

しかし、その内臓が病気などによって肥大したりすることで、体の内部から腰を直接・間接的に圧迫するのです。

 

 

内臓による圧迫は痛みとして感じられたりします。

 

そのため、腰痛の原因となっているといわれているのです。

 

 

例えば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胆石症や腎盂腎炎、子宮筋腫や卵巣嚢腫、尿路結石などの疾患などが内臓にあると腰に痛みが感じられたりするのです。

 

 

また、便秘などが酷くなると腰痛を感じたりすることがあります。

 

 

腸内に排せつ物が留まった状態が便秘です。

 

 

便秘になると腸内に毒素が排出され、その毒素が腸から吸収されて血液の流れに乗って全身に運ばれます。

 

 

腸は腰に近いため、毒素が溜まっていくと、膨張した腸が神経を圧迫して、腰痛が引き起こされたりするのです。

 

 

 

腰痛は姿勢で良くなる

 

この記事をご覧の方は恐らく腰痛でお悩みなのだろうと思い、筆を走らせて頂きます。

 

 

では、始めに腰痛の原因で多く聞かれる物から書いていきましょう。

 

 

筆者は医者や整体師ではないのであくまでも、自身の経験談や調べた範囲でのお話になりますが若年層で腰痛に悩まされている人の多くはスポーツで腰を痛めてから腰痛に悩まされているという人が多く、30代手前から40代くらいになるとぎっくり腰や長時間のデスクワークで腰を痛めるという話をよく聞きます。

 

 

多数の人がそうなっている原因にここでは一つの共通点が見いだせますね。

 

 

勘が良い読者の方にはおわかりでしょうが、腰に負荷がかかった事がきっかけになっていますよね。

 

 

実際に筆者も無理な力仕事をやろうとしたり、受験勉強で長時間机に座ったりして何度か腰を痛めた体験があります。

 

 

受験勉強で毎日長時間机に座っていたら当然ながら慢性的な腰痛に悩まされるのは想像に容易いでしょうし、筆者の周りにも受験が終るまで整体師のお世話になっていた人間が複数いました。

 

 

しかし、筆者は一時的に痛める事はあっても、慢性的に悩まされる事は回避できました。

 

それは何故か。

 

結論から言えば、座り方が人と違っていたからという話になります。

 

 

当時はあまり気にしていなかったのですが、学校で机に向かう時と自宅で勉強する時で全く違う姿勢になっていました。

 

 

学校で使われてる机は椅子の座面が木製で硬く、基本的にはサイズが全て同じになっているために体格によっては無理な姿勢で勉強せざるを得ません。

 

 

筆者も実際にそうでした。

 

 

肩幅が広く机の高さが合わない上に乱視があったため、持ち上げられる教科書のルビはまだしも、テストでは数学の累乗の小さな数字や漢文の返り点は見辛く、必然的に猫背になり小さな文字がある教科のテストが終ると腰から背中にかけてかなりの違和感や筋のこわばりを感じたものです。

 

 

一方で自宅では学習机が常に趣味の模型に占領されていた事が幸いだったのか、文壇の様な折り畳み机で勉強していました。

 

 

筆者は柔道や剣道を長年やっていた事もあり、正座する方が楽でしたし、正座の姿勢がしっかりするように身体に染み付いていて同じ時間勉強していた筈の同級生が腰痛に悩まされる中、全く意に介さない状態でした。

 

 

過去の経験談を元に今調べると、どうやら姿勢がしっかりしていた事が慢性的な腰痛になりかかっていた事からならずに済んだ様で、姿勢を正す事は腰から背中にかけての筋肉をしっかりさせ、筋肉が骨をしっかり支える事でヘルニアなどの予防に繋がるのだそうです。

 

 

以上の事から腰痛は姿勢で良くなると言えるでしょう。

 

 

肩こりの原因について

 

肩こりは、肩から首にかけて周辺の筋肉が緊張し多状態になっており、肩に重苦しさがある状態を言います。

 

 

人によって肩に痛みを感じたり、重いという感覚を感じたり、張っているといった感覚を感じたり、感じ方は様々名だといわれています。

 

 

そのような肩こりを引き起こす原因はいくつがあり、運動不足になると肩こりが生じやすくなると考えられています。

 

 

運動不足が原因となって起こる肩こりは、血流が悪いことが悪いことで起こるといわれ、血液を細胞に運ぶ流れが悪くなってしまい、細胞に新鮮な酸素や栄養分が十分に届けられず、細胞が十分活発な活動をすることができなくなった状態になっているサインだといわれます。

 

 

運動不足になると、筋力が低下しやすくなります。

 

 

そうなると、血流が悪くなって、細胞に必要な物質が届かず、筋肉の疲労も回復しにくい状態になってしまいます。

 

 

筋肉に疲労がたまった状態になり、これが肩こりの原因となるのです。

 

 

また、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることも運動不足だけでなく、全身を使わずに、同じ筋肉のみを使いつづけることになります。

 

 

その結果、筋肉が疲労し、疲労物質が貯まります。

 

 

しかし、血流が悪いので、疲労改善に必要な物質も筋肉に届きにくくなり、肩こりの状態が続いてしまうということになるのです。

 

 

例えば、長時間のデスクワークをする時には、多くの人は首を前に突き出し多状態で、両肩がしっかりと開かずに縮こまったような姿勢をとっています。

 

 

そのような姿勢になると首から肩にかけての筋肉が緊張し多状態になっています。そのため、疲労が生じて、血流も悪くなり肩こりの原因になってしまうのです。

 

 

さらに、心疾患などを抱えている人も、このような肩こりを感じやすくなるといわれています。

 

 

心臓は血液を送るポンプとしての役割があるので、そのポンプが十分に機能しなければ、血液循環という点で肩への血流も十分でない状態になる場合もあります。

 

 

筋肉は収縮と弛緩という点で心臓のポンプを補助する役割がありますが、心疾患を抱えると十分な運動を行うことが難しくなりますので、そのような筋肉の収縮と弛緩による作用を期待しにくいといった状態になったりします。

 

 

そのため、心疾患を抱えている人はそうでない人に比べて肩こりをより感じやすいという傾向があるといえます。

 

 

また、ストレスも肩こりの原因になるといわれています。

 

 

ストレスを強く感じれば感じるほど全身の筋肉が緊張して、肩こりにつながりやすいといえます。

 

 

肩こりの原因には様々なものがあり、運動不足や同じ姿勢や心疾患やストレスなどが原因として挙げられます。

 

 

 

肩こり改善マッサージと食事

 

肩が重い、だるい、ジンジンするなど、肩こりで悩んでいる方が少なくありません。

 

 

肩こりから緊張性頭痛、目の痛み、手のしびれなどが起こる可能性もあります。

 

 

肩こりの原因には、ストレス、長時間の同じ姿勢、運動不足、眼精疲労などがあります。

 

 

ストレスは筋肉を緊張させ、血流を悪化させます。

 

 

筋肉内の血流障害が起こることで肩こりになります。

 

 

長時間の同じ姿勢も血流を悪化させて肩こりにつながります。

 

 

筋肉にはポンプ作用があり、血液を押し出す働きがあります。

 

 

運動不足になると、筋肉が減少してポンプ作用が弱まり、血流が悪化します。

 

 

眼精疲労は目やその周辺の筋肉を緊張させ、肩の血流も悪化します。

 

 

どの原因にも共通していることが血流の悪化です。

 

 

そのため、肩こりを解消するためには血流をよくすることがポイントになります。

 

 

マッサージをすると血流がよくなるので、肩こり解消にはマッサージがおすすめです。

 

 

肩の中央あたりには、肩井というツボがあります。

 

 

このツボを反対の手で抑えて深呼吸をします。

 

息を吐くときにツボを押します。

 

これを3回行います。

 

 

次に腕を前から後ろにぐるっと回すことを3回行います。

 

 

最後に肩井の周りを軽くつまみほぐしましょう。

 

反対側も同様に行います。

 

 

肩だけでなくそん周辺の筋肉もほぐすとさらに楽になります。

 

 

鎖骨の周りのマッサージを紹介します。

 

 

親指以外の4本の指を鎖骨のくぼみに当てます。

 

 

中指にやや力を入れて押した状態で、肩を上下に動かします。

 

 

10回上下に動かしたら、場所を動かして同じことを繰り返します。

 

 

3か所くらい行いましょう。

 

反対側も同様に行います。

 

 

肩と首はつながっているので、首のマッサージも肩こり解消に有効です。

 

 

首の筋肉をつまむようにしてマッサージをしましょう。

 

 

耳の下あたりからエラのあたりまでをマッサージします。

 

 

また、栄養不足も肩こりの原因になります。

 

 

体に必要な栄養が不足と細胞の代謝や血流に影響がでて肩こりの原因となるのです。

 

 

ジャンックフードやお菓子を食事代わりにする食生活を送っていると栄養不足が心配です。

 

 

では、どのような栄養素が肩こり解消に役立つのでしょうか。

 

 

ビタミンEには血流をよくする働きがあります。

 

 

ビタミンEが多い食品は、かぼちゃ、ナッツ、オリーブオイル、うなぎなどです。

 

 

脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

 

 

ビタミンCはストレスが多いと消費されやすくなります。

 

 

ストレスは肩こりの原因となるので、ストレスを感じることが多い方はビタミンCを積極的に摂取するとよいでしょう。

 

 

ビタミンCはレモン、イチゴ、キウイ、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれています。